スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
人気blogランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

大事なことを思いどおりに伝える会話術

フォトリーディング9冊目。フォトリーディングは火曜日に終わらせていましたが、活性化が延び伸びに(^^;。

大事なことを思いどおりに伝える会話術 大事なことを思いどおりに伝える会話術
アン ディクソン (2002/07)
角川書店
この商品の詳細を見る

目的:言いたいことをはっきり伝え、仕事上の行き違いをなくす。

この本では、会社で困った状況になったとき、威厳と自信を持って、自分に正直に自分の気持ちを相手に伝える方法をといています。

が、この本の著者はイギリス人。仕事の状況や思ったことを相手に伝える方法は、日本とはかなり違うのであまり参考にならないなーと思いました。

たとえば、自分が傷つくようなひどいジョークを同僚が言った場合、笑ってごまかしたり黙り込んだりせず、「私はとてもショックを受けました。どうしてそのようなことを言うのか説明していただけますか?」と言う、というような。

日本人がこういうことを言ったらさらにギクシャクしてしまいますよね。欧米人にはいい方法なのだと思いますが、日本向きではないのだと思います。

私はタイトルから、この本の内容を「誤解を受けない上手な説明の仕方」とか「会議で言いたいことをスムーズに伝える技術」の本なのかと思っていましたが、実際は「困ったことやイヤなことを言う上司や同僚に、いかに自分の気持ちを伝えるか」というものでした。

ビジネス書かと思ったのですが違いました。途中でそれには気づいたのですが、つい今までのクセで読み続けてしまいました。不要と思ったらバッサリ捨てる勇気がまだ中途半端だったようです。
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
人気blogランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

2007-08-03(Fri) 23:44| その他| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiezobook.blog113.fc2.com/tb.php/72-48e69bf7

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ちえぞう

Author:ちえぞう
フォトリーディングという速読技術で本をたくさん読んで、いろんな知識を身に付けていきます。

リンク

Amazonで本を探す

ブログ内検索

楽天でお買い物

楽天で探す
楽天市場

カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。