スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
人気blogランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

競争やめたら学力世界一-フィンランド教育の成功

フォトリーディング6冊目です。これは昨日寝る前にPRしました。

新聞か何かの書評で読んで気になって、フォトリーディングの講座を受講する前に図書館で予約していた本です。

競争やめたら学力世界一-フィンランド教育の成功 (朝日選書) 競争やめたら学力世界一-フィンランド教育の成功 (朝日選書)
福田 誠治 (2006/05)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る

目的:フィンランドと日本の教育システムの違いを知り、日本はどうすべきかを考える。

フィンランドの学校では、能力別に学級を分けず、とにかく「平等」をモットーに掲げているそうです。

他のEU諸国は、低所得者層の家庭の子供は総じて学力が低いのに対し、フィンランドは学力が家庭環境に左右されていないのだそう。これって素晴らしいですねー。どんな子供にもチャンスがある、ということです。

また、「嫌がることを強制しない」というのもポリシーだそうで、授業中、他の科目を勉強したり、編み物をしたりしても、他人に迷惑をかけなければ教師に注意されることもないのだとか。

かなり日本の教育とは違います。日本は「平等」というより「画一的」ですよね。

なにより、フィンランドは教師の質が高いそうです。日本はまず子供の教育の前に教師の教育ですよね。教師が援助交際したりするようじゃダメですよ・・・。

それほど分厚い本ではなかったのに、活性化&マインドマップに時間が掛かってしまいました。

目的が「快」に繋がるものではなかったから?「知りたい」という漠然とした目的の場合、マインドマップは飛ばして高速リーディングをした方がよかったのかもしれません。
スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
人気blogランキングバナー にほんブログ村 本ブログへ

2007-07-29(Sun) 23:47| その他| トラックバック 0| コメント 3

コメント

 講座終了後、フォトリーディング、スーパーリーディング、高速リーディングはやっても、活性化はやってません。そうだ、図書館に行って本を借りようと思い立ったのですが、月曜日は休みでしたね...

2007-07-31(Tue) 04:38 | URL | ダンス #-[ 編集]

>ダンスさん
お近くの図書館は月曜日お休みですか?うちの近所は月曜日もやってるんですよー。

2007-07-31(Tue) 09:53 | URL | ちえぞう #NReYhLw6[ 編集]

火曜日、図書館に行きました。図書館の本って古いんじゃないかと思っていましたが、そんなこともなく、ピピっときた本10冊借りたよ。

2007-08-01(Wed) 04:02 | URL | ダンス #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiezobook.blog113.fc2.com/tb.php/68-231d67a6

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ちえぞう

Author:ちえぞう
フォトリーディングという速読技術で本をたくさん読んで、いろんな知識を身に付けていきます。

リンク

Amazonで本を探す

ブログ内検索

楽天でお買い物

楽天で探す
楽天市場

カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。